パッシブデザイン

大きな窓を設けることで、室内が明るく開放的な雰囲気になります。
しかし、家の中全体が適切な明るさになるためには、採光と部屋の奥まで光を届ける技術が必要です。
もちろん、光の量が増えれば夏季には熱を伴いますので、陽の光を調光することも必要となってきます。
私どもはお客様の家が光に満ち溢れ快適な住まいとなるよう最善を尽くします。

 

昼光利用2

明るいリビングには2面以上の窓を配置。

 

昼光利用3

階段スペースにも明かりをふんだんに取り入れています。

 

昼光利用4

高窓からの光は部屋のおくまで明るく照らしてくれます。

 

昼光利用1

直接日の当たらない奥の空間にも光を届けます。

 

昼光利用5

障子の光は穏やかで安らぎのある空間を演出します。