広報ブログ

4月初旬に、お取引させていただいている畳屋さんの

有限会社なかしまさんにおじゃましました。

社長は、い草の品質を確認する為に、熊本県八代のい草生産元へ出張でしたが、

社長の奥様とお話しすることが出来ました。

 

事務所に入るとカラフルな畳サンプルがお出迎えしてくれました。

パッシーヴォ、畳、愛知、名古屋、木造、木の家、自然

「今は畳を取り入れてくれる家が減りましたが、

畳で人気があるのは和紙畳です。撥水性が優れて、カラーバリエーションがあり、

経年劣化で黄ばみも無く、摩耗で表面がガサガサしないから、若い方に好まれていますよ」

と奥様が教えて下さいました。

パッシーヴォ、畳、愛知、名古屋、木造、木の家、自然2

傷や摩擦などの畳の傷みが気になるご家庭や、小さなお子様、

ペットのいるご家庭の方にお勧めできる“和紙畳”だと感じました。

和紙畳も汚れには弱いので、こぼされた時はすぐ拭き取りをしてくださいね。

 

畳の取り扱いのお話し中に、“5月頃からカビが生えたと言われることが多くなる”とのことで、

原因を聞いてみました。

「現在の家は気密が高く、窓がしめっぱなしで風の通りがなくなります。

湿度の高い日が続いた時、換気が不十分だった場合はカビが発生してしまうことがあります。

そして畳になっても“い草”は酸素を取り入れて呼吸しています。」

天日干しになった時に“枯れた”い草ではなくて、

畳になっても生きている状態ですので、換気も必要だと感じました。

 

畳製作現場におじゃました様子は次回にお伝えします。