広報ブログ

コンクリート打設

 

「緑の小路がある家」 コンクリート打設の立ち会いをしてきました。

ザイソウハウスはベタ基礎という方法で打設をしています。
【ベタ基礎】とは、底板一面を鉄筋コンクリートで支える工法です。
家の荷重を底板全体で受け止め、建物を支えるため、負荷が分散して安定性に優れることになります。
また、地面をコンクリートで覆うので、地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。

そして、さらにシロアリの侵入を防ぐために一体打ちを採用しています。

【一体打ち】とは、基礎を打ち継ぎしないで、コンクリート部分をすべて一度に打設する方法です。 どこにも隙間が発生しませんので、シロアリの侵入を高確率で阻止することが出来ます。 技術的には難易度が上がりますが、上記の理由から一体打ちを採用しています。

コンクリート打設

手前の方が、ホースのような物を持っていますが、これは、振動を与えてセメントの中の隙間をなくす作業をしているところです。

コンクリート打設

この写真は、基礎の立ち上がりの部分です。

黄色で囲った箇所にある丸い物は、高さの位置を示しています。

最後に水のような なめらかなセメントをこの印まで流すことで、高さが均等できれいな基礎に仕上げるのです。

 

先ほどにも述べたように、一体打ちは技術的に難易度が高いです。

そのため、熟練したベテランの方でないとできない工法なんだそうです。

 

長時間 腰を屈めながら、コテでセメントを平らにする姿がとても心に残りました。

基礎は上棟したら見えなくなってしまうので、存在をあまり感じませんが

こんなにも大変な作業をしているのかと思ったら、もっと感謝しなければならないとな思いました。

 

◆◆◆ザイソウハウスのイベント情報◆◆◆

住宅構造・性能見学会

11月20日(日) 場所:愛知県豊田市

時間:10:00~16:00(所要時間1時間から1時間半)

床、壁、天井はどのように造られているのか。

強さや耐久性、断熱性、気密性に対する対策は?

完成した住まいでは見づらい”家を支える大切な部分”を知り、学ぶことができます。

実際に見て触れて、家づくりのヒントにしませんか?

申込方法:電話、メール、お申込みフォームからお申し込みください。

 

 

ザイソウハウスのパートナーSHOP地産地消にこだわる、
オススメSHOPのご紹介

 

楽しい省エネライフ1985


楽しい省エネライフを送ろう!

私たちは、この運動に賛同しています。

 

OMソーラー
陽だまりのようなぬくもり。
太陽熱で、床から家全体を暖める「OMソーラー」