広報ブログ

自然素材で健康に良いことで人気の珪藻土や漆喰の塗り壁。

似ているけれど少し違う、2つの特徴を比べてみました。

 

珪藻土

藻類(プランクトン)の死骸が海底や湖底に堆積してできた粘土で、かつては調湿や吸臭など

機能材として使われていたが、近年、意匠材(壁の仕上げ)として注目されている。

 珪藻土の壁

 

漆喰

消石灰に砂、麻糸などの繊維質、海藻のフノリ・ツノタマなどを混合して水で練ったもので

壁や天井の仕上げに使用する。

 漆喰の壁

 

では、それぞれにどのような機能があるのか、ご紹介します。

 

珪藻土

無数の穴が開いているため、吸臭性、調湿性能がある

効果は永久に持続する

火に強い

色のラインナップが多い

 

漆喰

火に強く、不燃焼材として認可されている

珪藻土の壁に比べて、仕上がりがツルツルしており、剥がれて粉が落ちるということが少ない

強アルカリ性のため、防カビ、抗菌効果があると言われているが、年々酸性化していくので

その効果は5年ほど

 

 

以上のことから、機能面で言うと珪藻土の方が優れており、仕上がり・メンテナンス面では漆喰の方が

優れているということになります。

 

ただ、注意しなければならないのが、現在は珪藻土にも漆喰にも凝固剤、防カビ剤などの化学成分が含まれていることがほとんどです。また、珪藻土・漆喰の含有量が多ければ多いほど良いというわけでもありません。大切なのは、どのような成分が、どれぐらい含まれているのか、その成分が、身体にどのような影響を及ぼすのか、珪藻土・漆喰の本来の機能を壊していないか、確認されることです。

 

 

 

◆◆◆ザイソウハウスのイベント情報◆◆◆

ココロとカラダ健康マルシェ

日時:5月13日(土) 10:00~15:00

場所:豊田市駅 ペデストリアンデッキ

パートナーショップ合同イベントです。
「健康」をテーマに低農薬、無農薬食品、自然素材の服など、様々な健康を販売する予定です。
私たちザイソウハウスは、木を使ったワークショップを行います。
ご予約などは必要ございませんので、お気軽にお越しください♫

 

構造性能見学会

日時:5月21日(日) 10:00~16:00

場所:名古屋市港区内

完成してからでは見づらい家を支える大切な部分や
家を建てる際に使用される材料の性能について学ぶことができます。
今後の家づくりの参考になると思いますので、ぜひご参加いただければと思います。

申込方法:電話(052-881-3773)

     メール(office@zaiso-house.co.jp)

                     予約フォームよりお問合せください。

 

 

ザイソウハウスのパートナーSHOP地産地消にこだわる、
オススメSHOPのご紹介

 

楽しい省エネライフ1985


楽しい省エネライフを送ろう!

私たちは、この運動に賛同しています。

 

OMソーラー
陽だまりのようなぬくもり。
太陽熱で、床から家全体を暖める「OMソーラー」