広報ブログ

愛知県も、本格的に梅雨のシーズン到来です。

6月中旬までは雨が少なく、今年は空梅雨かな?なんて思いましたが

最近は雨が多く、湿気による髪のうねりに悩まされています。

 

さて、梅雨の時期に一番困るのは、やはり洗濯物ではないでしょうか。

外に干せないから、部屋干し。。。

しかし、部屋干しをすると、洗濯物から生乾きの臭いがしたりして不愉快ですよね。

 

今回は、そんなお悩みを少しでも解消できるように、部屋干し臭の撃退法をお伝えします。

 

  • 室内の風通しを良くする

洗濯物は、濡れたままにしておくと臭いが発生します。

臭いを発生させないためには、早く乾かすようにすることが大切です。

換気扇、扇風機を利用するなどして、早く乾かすようにしましょう。

 

  • 湿度を下げる

室内の湿度が高いと生乾きの原因になります。除湿機を利用して部屋の湿度を下げるようにしましょう。

 

  • 洗濯物の干し方を工夫する

洗濯物が密着していると、乾きにくくなり嫌な臭いが発生する原因になります。

洗濯物は間隔を空けて干すようにし、重なりが少なくなるように工夫しましょう。

 

  • 洗濯の前に50℃~60℃のお湯に30分ほどつけ置きする

臭いの原因となる雑菌は50℃以上で死滅します。ただ、菌が死滅するだけですので

その後は皮脂汚れなどを落とす為、洗剤で普段通り洗濯してください。

シルクやウールなどのデリケートな衣類は避けるようにしてください。

 

  • 部屋干し専用の洗剤、柔軟剤を使用する

専用の洗剤、柔軟剤には、嫌な臭いの原因となる菌の繁殖を防ぐ抗菌作用が強化されています。

 

部屋干しは、色褪せを防ぎ、ほこりや花粉で洗濯物が汚れることがなくなるなど、メリットもあります。

部屋干しをして、ちょっと臭いが気になるという方は、ぜひ以上のことを試してみてはいかがでしょうか。