広報ブログ

今年の夏は猛暑になると予想されておりますが

エアコンに頼ってばかりでは、お財布にも、環境にもやさしくありません。

扇風機の消費電力は大体20W〜40Wくらい。それに比べてエアコンは、12畳用のもので約720Wです。

計算してみると、30Wの扇風機を1日10時間、1ヶ月使用すると約233円、それに対し720Wのエアコンはなんと約5,600円もかかるそうです。

そしてエアコンは設定温度を1度上げると、10%の節電に繋がると言われています。

そこで、今回は、扇風機を使って夏を快適に過ごす方をお伝えします!

 

● 外気温が室温より低い場合は、開けた窓の前に扇風機を置き、室内に外の涼しい空気を送り込むようにする。

扇風機は、後ろから風を吸い取って、前へ風を出します。よって、涼しい場所を背に扇風機を回すと

涼しい風が室内に入ってくるという仕組みです。

逆に、暑い部屋の空気を外に出すために、扇風機を開けた窓側に向ける方法もありますが、

どちらが良いかは、実際に試してみてください。

 

● 扇風機の前に凍らしたペットボトルを置く

ペットボトルに風が当るように、高さを調整するのがポイント

大きな氷を浅い容器に入れて風を当てる方が、水分が蒸発する際に周囲の熱を吸収する「気化熱」により、さらに涼しくなるという意見もあります。

 

● 暑い空気は上の方に停留して部屋の平均気温を上げてしまうので、定期的に扇風機を上に向けて、空気を循環させる。

熱い空気と涼しい空気をかきまぜるので、最初は室温が上がったように感じるかもしれません。

しかし、気流が生まれると効果的に熱い空気を追い出すことができるので、結果的に部屋は涼しくなります。

 

● エアコンと扇風機を併用することで、下に溜まってしまう冷たい空気を部屋全体に回すことができます。

扇風機を上向きにして、エアコンの風に当てるように設置するのがポイント

 

いかがでしたか?

これなら、今すぐにでも実践できる方法だと思います。

今年の夏は、扇風機とエアコンを上手に使って、暑い夏を快適に過ごしませんか♪

※熱中症にはご注意ください。