広報ブログ

こんにちは、小林です。

『家つくり』では、間取りの御要望を叶えていく事が、大きな要因です。

生活様式からの各部屋の配置、敷地に対しての採光・採風を考慮し、

家族の生活スタイル(家庭内作業・行動時間帯)を確認して

各個の各部屋へのアプローチ動線を落とし込んで、

間取りを設定していきます。

そして、各間取りには生活で必要な物・設備・家具の設置想定となります。

(間取り設定が先か、設置想定が先かとなることも、ありますけどね)

玄関には、下駄箱で、その下駄箱も何人家族で各員何足あるから、

どれくらいの大きさが必要か、とか、

LDの、家具にこだわりがあり、これくらいの大きさは必要で

その家具に対しての動線スペースが確保しないといけない、とか。

で、やっと、タイトルの、生活に必須なキッチンの冷蔵庫!

私の生まれる前では、家電の三種の神器の一つで、

今もなお、性能、容量の改良を各メーカーさんが頑張っています。

建築的には、一般家庭用冷蔵庫を、図面上に650ミリ角で書き込んでいまが、

その650ミリ角の概念を変えるような冷蔵庫が、

海外のデザインコンテストで入賞しました。

Bio Robot Refrigerator

ロシアの家電メーカーが発表した冷蔵庫です。

緑色のグニュグニュの高分子ゲルに直接、食材をぶっこむ感じ。

現在の一般家庭冷蔵庫が年間5,700円程度電気代がかかるのですが

このバイオロボット冷蔵庫は、高分子ゲル自体が冷却するようで

電気代がかからないそうです。

小林 『?????』ですが。。。。。

 

まさに、マイノリティー・リポートやトータル・リコールの様な

未来映画に出てきそうで、なかなか思い切ったデザインです。

 

衛生的にどうなの?泥のついたジャガイモ突っ込んだら?食べ残しのおでん鍋は入れれるの?

等々まだまだ問題点がありそうですが

間取り計画時の、冷蔵庫スペースの確保の考え方は変わりそうですね。