OMソーラーとは


[wonderplugin_carousel id=”1″]

title_saranikashikoi.jpg

OMソーラーの基本的なしくみは、「1.集める2.貯める3.上手に使う」です。冬の床暖房は、太陽の熱を集めて床下に送り、その熱で床を暖めます。OMの家に限らず、建物は、建物自体が一定の熱を蓄えながら外界から熱を吸収したり、熱を奪われたり、ということを繰り返しています。そして、この熱のやりとりのバランスによって室内の温熱環境が決まります。やりとりがうまくいくよう、ある程度コントロールし、四季を通じて心地よく過ごそうというのがOMソーラーです。

←クリック拡大
夏のOM
冬のOM
冬のOM(補助暖房)
冬の昼のしくみ
冬の昼間、軒先から入った冷たい空気は、屋根に降り注ぐ太陽の熱によって徐々に暖められます。この空気がハンドリングボックスに集められ、小型ファンの力を借りて床下に送られます。
空気は床下に広がり、コンクリートに熱を蓄えながら、室内を暖めます。
夕方、外気温が下がり始める頃から、昼間蓄えられた熱が放熱を始め、床や室内を暖めます。


冬の昼のしくみ

夏の夜のしくみ
夏の晴れた日の夜は、放射冷却によって屋根が冷えます。この放射冷却を利用して、温度の下がった空気を室内に取り込む「夜間外気取り込み」を行います。「冷房」とまではいかないものの、自然を活かした採涼方法です。
※効果は地域によって異なります。


夏の夜のしくみ

夏の昼のしくみ
夏の昼は、屋根の熱でお湯をつくった後、余った熱を屋外へ排出します。お湯採りは、地域差はありますが春〜秋にかけて30〜50℃のお湯が1日約300ℓ。また、OMでは夏を涼しく過ごす工夫として、建物北側の外気を床下を経由して温度を下げながら室内に取り込む「DOMAくーる」もご提案しています。


夏の昼のしくみ